【恋バナ】高所恐怖症の先輩が私の為に観覧車で告白してくれた話

私は北海道に住む40代の女性です。
 
 
これは、私が30代の時に経験した忘れられないデートです。
 
当時、私は会社の先輩に片想いをしていました。
 
口数の少ない人でしたが、いつも分からない事を教えてくれて、落ち込んだ時に励ましてくれました。
 
ある日、会社でその頃の流行りの映画の話をしていました。

その映画の中には、観覧車でデートするシーンがあったので、「私もあんなデートがしてみたいな」と話してみると、先輩が「観覧車に乗ろう」と言ってくれたんです。
 
私は天にも舞い上がるような気持ちでした。
 
後日、二人で買い物を楽しんだ後、綺麗な夜景をバックに観覧車に乗りました。
 
大好きな先輩と観覧車。ドキドキしっぱなしです。。。
 
観覧車が進むにつれて、先輩の表情も少しずつ変わってきたのが分かりました。
 
完璧なムード!そろそろ告白されるか!?
 
ジッと見つめられてドキドキしていると、
 
「ごめん。おれ、高所恐怖症なんだ」
 
・・・
 
・・・
 
・・・
 
えええ!?
 
その時はただただ驚くばかり。。。
 
観覧車から降り、ガタガタ震える先輩。
 
なぜ観覧車に誘ってくれたのか聞くと、私が乗りたいと言ったからだと言われました。
 
そして一言。「ずっと好きだった」と。
 
最高に情けない状態からの、最高に嬉しい告白でした。

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ