TVでも紹介されました

ブログ

【男女別で解説】街コンに一人で参加するとどうなる?一人参加のメリット・デメリット

街コンに行こうと決めたけど、都合の付く友達がいない。周りの友達はみんな恋人がいて、街コンには一緒に行けない。

 

そんな時に思い浮かぶのが、

 

『街コン 一人参加』

 

でも、いざ一人で街コンに参加しようと考えてみても

 

・街コンって一人参加OKなの?

・コミュ障発動したらどうしよう

・誰とも話せずボッチだけは嫌!

 

色々な不安や湧いてきて、一人参加に躊躇してしまいますよね。

 

結論から言うと、一人参加のメリット・デメリットは男女で全く違います!!

 

この記事では男女別に、街コンに一人で参加するとどうなるのか?複数人で参加するのとどちらが良いのかを見ていきます!!

 

下のリンクからご自身の性別を選んでチェックしてみて下さい!!

 

【女性編】女性が街コンに一人で参加するとどうなる?
【男性編】男性の街コン一人参加は『ハイリスク・ハイリターン』

 

 

【女性編】女性が街コンに一人参加するとどうなる?

いきなり結論から言います。

 

女性の街コン一人参加は、ほぼメリットしかありません!

 

下手に友達と一緒に参加するくらいなら一人で参加する方が断然オススメです。

 

女性が一人で街コンに参加した場合、

 

・理想の相手と出会える可能性が高く

・その相手と次回のデートや交際まで発展する可能性も高い

・相手が居なくてボッチになることはまず無い

 

これらの恩恵があります。

 

 

それは女性が街コンに一人で参加すると以下のようなメリットがあるからです!

 

女性が街コンに一人参加するメリット
好みの相手とだけ話せる

男性二人があなたとお友達の二人組に話かけています。

お友達はまんざらでもない雰囲気ですが、自分は心の中でこの人はナシ!と決まっている。

 

 

こういう場面は出会いの場ではよくある事ですよね。あなたはお友達のためにナシな男性と話さなくてはなりません。

 

当然ですが、一人参加の場合はこういう事は起こりません

 

ナシだなぁ~と思えば即座に相手をチェンジできるので、結果的に理想の相手を見つけられる可能性がグンと上がります。

 

 

自由に動ける

友達の目の前ではあまり大胆にアプローチはしづらいですし、先ほどの例の反対に好みの男性と話していても友達が退屈そうであれば気を遣って離席してあげなければならないです。

 

一人参加であれば話したい男性と好きなだけ話していられるし、行こうと思えばその男性と2次会にも行けます

 

必然的にその日の間に意中の男性と一歩踏み込んだ関係まで構築できるので、次回のデートや交際に発展しやすいです。

 

思い切って猫を被れる

男性と等身大に向き合うことは非常に大事なことではありますが、少しくらい猫を被って『良い女』を演じた方がモテる。というのは共感できると思います。

 

お友達の前では披露できないような、あなたのあざとい隠しワザも一人参加であれば存分に活用できますよ♪

 

話しかけられやすい

街コンに一人参加する際にもっともネックになるのが、ボッチになりたくないという事だと思います。

 

しかし、一人参加の女性が街コンでボッチになることはまずありません。

 

それは男性にとって一人参加の女性は最も話しかけやすい相手だからです。

 

同じく一人参加の男性はもちろん、二人参加の男性は二人で話しかけてくれるか二手に分かれて一人で話しかけてくれます。

 

逆に男性からすると、三人組の女性など男性側より人数が多いパターンの方が話しかけづらいんです。

 

では逆に女性の一人参加にはデメリットは無いのでしょうか?

 

 

女性が街コンに一人参加するデメリット
やっぱり一人は不安

どれだけメリットが大きくても、一人で慣れない街コンに行くのは不安ですよね。初めての一人参加となればなおさらです。

 

しかし、こればかりは心の持ちようなので具体的な解決策はありません。

 

いい出会いをゲットしたい!チャレンジしてみよう!と自分を鼓舞してあげるしかありません。

 

実際に参加してみれば『あぁ、全然一人で大丈夫なのね笑』と思えるんですけどね。

 

 

男性を振り切る力が必要

街コンで最も神経を使うのは、好みでない男性との会話を切り上げる時ですよね。

 

友達といるときは一人じゃないという安心感から全然平気だったけれど、一人になると気を遣ってしまって会話を切り上げられないという事があります。

 

最も安全な切り上げ方は、『お手洗いに行ってきますね。』です。

 

家を出る前に鏡に向かって練習しておきましょう。

 

 

女性が一人で参加したときの街コンの流れ

女性が一人で参加した際の街コンでの流れ・ちょっとしたコツをご紹介します。

 

受付時間

あまり早めに行き過ぎない方がベターです。あまり早く行き過ぎると、男性の数が揃っていないので話す相手が居ないという可能性があります。

 

男性がある程度の人数いれば必ず話しかけてもらえるので、最初に良い流れを掴むためにも、男性の数がある程度揃っているであろう時間に行くようにしましょう。

 

具体的にはイベント開始時間の5分前くらいです。

 

イベント開始~中盤

まずは色々な男性と話しましょう。好みの男性とだけ話したいから、と誰とも話さずに男性を吟味する時間をとるのはNGです。

 

男性は会場にいる女性をよく見ています。ずっと一人でいる女性だと認知されてしまうと、話しかけにくい印象を与えてしまいます。

 

それだけでなく、好みじゃないと思っている相手でも、話しているうちに『意外とアリかも?』となるパターンもあります。食わず嫌いはやめましょうね!

 

イベント中盤~終盤

前半である程度意中の相手を決めておいて、中盤から終盤にかけては意中の方とじっくり話す時間に充てられればベストです。

 

誰にも気を遣わずゆっくり話せるという一人参加のメリットをここで存分に活かしましょう!

 

逆に一人参加のフットワークの軽さを活かして、終盤までずっと色々な相手と話すというのも色々な方と出会えて楽しいです。

 

イベント後

素敵な男性に巡り合えれば、2次会に行ってしまうのも良いでしょう!ただし、軽い女という印象を与えないようにだけ注意が必要です。

 

女性一人で街コンに参加する時の注意点3つ
一人参加である言い訳を考えておく

男性があなたに話しかける第一声は大体『お一人ですか?』です。

 

もちろん正直に、一人で恋活した方が効率が良いから!と答えてもOKですが、

 

・サバサバ系なのかな

・友達居ないひとだったら心配

 

など男性に余計な心配を抱かせたくなければ、『友達が仕事で来れなくなって、キャンセル料を払うのも勿体ないから一人で来た。』などそれっぽい優しい嘘をついて切り抜けましょう

 

 

常に誰かと話しておく

一人参加の唯一のリスクはボッチになって、売れ残っている人認定をされることです。それが、常に誰かと話しておくだけで話しかけやすい気さくな一人参加の女性という認定に変わります。

 

常に誰かと話し続けるのは少し体力を使いますが、気を遣いすぎず自分のペースでゆっくりと話しておくようにしましょう。

 

会場の中心にいるようにする

一人参加の不安な気持ちから安定感を求めて、会場の端の壁際に逃げ込んでしまいそうになりますがそれはやめましょう。

 

壁際は男性の目に留まりにくいですし、売れ残り感が最も出てしまう行動の一つです。逆に会場の中心にいれば、嫌でも誰かが話しかけてくれるので勇気を出して真ん中を陣取ってみましょう!

 

同じ理由で立食イベントでは座っている時間も極力減らした方が良いです。座っていると、疲れているのかな?機嫌悪いのかな?と男性の警戒心を煽ってしまいますからね。

 

一人参加が活かせる街コンに参加してみよう!

女性の街コンの一人参加は

 

・理想の相手と出会える可能性が高く

・その相手と次回のデートや交際まで発展する可能性も高い

・相手が居なくてボッチになることはまず無い

 

いいことづくめです!勇気を出して一人街コンへ繰り出してみてはいかがですか?

 

トップパーティーでは、毎回100名近くが参加する大人数街コンを開催しています。大人数だからこそ一人参加の方も多く、一人参加のメリットを最大限に活かせる街コンです。

 

またBBQやビンゴ大会など、楽しい企画にもこだわっていて、楽しくカジュアルな雰囲気のなかで『楽しい!』を共有できる本当に相性の良い相手との自然な出会いがゲットできます。

 

一人参加のメリットを最大限に活かして、素敵な出会いを見つけて下さいね。

 



 

【男性編】男性の街コン一人参加は『ハイリスク・ハイリターン』

『富める者はますます富み、貧しき者は持っている物でさえ取り去られるのである』

ー新約聖書マタイ伝13章12節ー

 

女性のいいことづくめの一人参加とは打って変わって、男性の街コン一人参加は弱肉強食

 

この聖書の一説を心に刻んだ者だけが挑める、まさに現代社会の縮図です。

 

では具体的に男性の一人参加にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょう?

 

 

男性が街コンに一人参加するメリット
女性を口説き落とせる可能性が高まる

街コンに参加している女性の中で、どのような女性が最もアプローチが成功しやすいか分かりますか?

 

ズバリ一人参加の女性です。

 

 

一人参加の女性は会場内で既に不安や寂しさを感じている状態ですから、あなたに話しかけてもらっただけで嬉しいですし、誰かと話さなければ一人ボッチですから丁寧にあなたと話してくれる可能性が高いです。

 

さらに複数人で参加している女性では街コン後の二次会に誘い出せる可能性は低いですが、一人参加の女性であれば本人の説得さえできればOKなので二次会にも期待できます。

 

こんな有利な条件の一人参加女性を狙えるのは、一人参加男性だけの特権です。

 

好感度が高い

街コンではチャラい男性・遊びやノリで参加してる男性はモテません。

 

街コンに参加する女性はある程度真剣に恋活をしよう!真面目な恋愛をしよう!と思っていますから、誠実で真面目な雰囲気の男性が好感度が高いです。

 

一人参加の男性は女性からすると、少なくとも友人とノリで来た訳ではない・恋活に意欲的だと捉えられるので『恋愛に誠実そうかどうか』という第一関門は自動で突破できるというワケです。

 

 

女性に警戒されにくい

女性にアプローチする際に警戒心を解くことがどれほど大切かは言うまでもありません。

 

女性からすると男性というのは少なからず圧迫感を感じるものです。

 

あまり男性に対して免疫のない女性であれば、複数の男性と話すというだけでストレスに感じてしまうという方もいます。

 

一人参加の男性は他の複数人の参加者よりも警戒レベルが低い状態でスタートできるので、非常に有利にアプローチできるというワケです。

 

 

友人と競合しない

・自分がイイなぁと思っていた女性が明らかに友人の方に好意を持っている

・友人と好みの女性が被って仁義なき戦いに突入する

 

こういった場面は出会いの場あるあるですが、出来ればこういう事態は避けたいですよね。

 

 

余計なストレスを抱えずに目の前の女性に直球でアプローチできるというのも一人参加の魅力です。

 

 

自由に動ける

友人と一緒に行くと、必死なやつだと思われたくない・カッコ悪い姿を見られたくないと思ってしまって、普段の自分が出せなかったり全力投球できなくなったりしてしまいませんか?

 

カッコ悪くても愚直に思いを伝えなきゃいけない場面もありますし、恥ずかしくてもクサいセリフを言う方が有効な場面が必ずあります。

 

一人参加であれば誰に笑われることもありませんし、自分さえこれはノーカウントだ!と思えば無かったことにできます。

 

学生時代に『べ、別に好きじゃねぇしッ!』と、変な見栄でチャンスを失ったことがあるという方は、一人参加の方が向いているのかもしれませんよ。

 

 

確かに男性の一人参加は非常にハイリターンであるということが分かって頂けたと思います。

 

ではハイリスクというのはどういうことでしょうか。

 

 

男性が街コンに一人参加するデメリット
心が折れたら終わり

全ての出会いの場でそうですが、街コンでも基本的に話しかけるのは男性です。女性から話しかけてくることほぼありません。

 

つまり自分から話しかけなければボッチ確定という訳です。

 

何人かの女性と話してみたものの手ごたえが得られず心が折れてしまったとき、励ましてくれる友人は居ません。

 

そうして気づいたら壁に寄りかかってお酒ばかり飲んでいるという状況、再起不能になりやすいのが一人参加です。

 

 

休憩は許されない

一旦一人でじっくり休憩してメンタルを回復すればいけるよ!と思うかもしれませんが、一人参加の休憩は自殺行為です。

 

女性は会場にいる男性をよく見ています。ずっと一人でいるイケてない男性だと認知されてしまうとそれをひっくり返すのは簡単ではありません。

 

つまりじっとしているだけでも0点の状態からマイナスの方へと進んでいってしまう。

 

 

『富める者はますます富み、貧しき者は持っている物でさえ取り去られるのである』

 

確かにその通りだと思いませんか?

 

しかし、実は一つ工夫を加えるだけでこのリスクをゼロにして、リターンだけを享受できる画期的な方法がありますので、それをご紹介します。

 

 

街コン一人参加を『ノーリスク・ハイリターン』にする方法

再度一人参加のリスク・リターンをおさらいしましょう。

 

◎女性と話している間、他の男性よりも有利に動ける

×一度ボッチになり流れを失うと、自力での復活が難しい

 

つまり女性と話していない時間にボッチにならない退路をあらかじめ用意しておけば良いのです。

 

俺は失敗してもボッチにならない!という安心感が余裕を生み、さらに自分のパフォーマンスを引き出すことにも繋がりますよ!

 

友人と参加し、別行動する

筆者が最もオススメする動きは、友人と2・3人で参加し女性と話すときは、あえて1人に分かれて行動するパターンです。

 

うまく女性と話せなかったり、疲れたら友人のところに戻って談笑してメンタルを回復できますし、2人組の女性には友人と一緒にアプローチするなど柔軟な立ち回りが可能です。

 

基本は別行動なので、誘う相手は誰でも良い!と捜索範囲を広げれば1人2人くらいは見つかるはずです。

 

 

他の男性参加者・スタッフと仲良くなる

会場でのひと手間が増えますが、こちらは事前準備が必要ないパターンです。

 

しかし、メンタルの回復具合や2人組にアタックする際の連携力を考えれば、友人と一緒に参加するのには若干劣ります。

 

それでも一人で街コンに参加する際は他の参加者やスタッフと一旦話しておき、ボッチにならないための退路を確保しておくのは必須だと言えます。

 

 

男性が一人で参加したときの街コンの流れ

男性が一人で街コンに参加した際の流れ・行動の手順・ちょっとしたコツをご紹介します。

 

受付時間

出来るだけ早めに会場に行きましょう。まず到着したら、暇そうなスタッフと世間話をして仲良くなっておきます。退路の確保はイベントスタートの前に終えておきたいですね。

 

具体的には受付開始時間すぐに会場に入るくらいがベストです。そこまで早く会場に来る参加者は多くないので、空いているスタッフ複数人と話して会場を味方に付けましょう。

 

イベント開始~中盤

まずは色々な女性と話しましょう。好みの女性とだけ話したいから、と一人で女性を品定めする時間をとるのはNGです。

 

『貧しき者は持っている物でさえ取り去られる』です。常に誰かと話しているフランクで人当たりの良い人と周囲の女性に思わせて『富める者』に回りましょう。

 

疲れたり、流れに乗れない場合は仲間の元に一旦戻って体力を回復します。くれぐれも一人でじっと固まっていることの無いように!!

 

イベント中盤~終盤

前半である程度意中の相手を決めておいて、中盤から終盤にかけては意中の方とじっくり話す時間に充てられればベストです。

 

一人参加のメリットを存分に活かし、他の男性よりも有利な条件で女性にアプローチできる優越感を感じながら目の前の女性に一球入魂しましょう。

 

逆に一人参加のフットワークの軽さを活かして、終盤までずっと色々な相手と話すというのも色々な方と出会えて楽しいです。

 

イベント後

一人参加の女性にアプローチしていた場合は2次会に行ける可能性も十分にあります。

 

あまり強く誘いすぎるとチャラい人だと思われる可能性があるので、2次会は軽く誘ってみるくらいにして後日のデートに繋ぐ方が無難です。

 

筆者的には、友人やその場で仲良くなった男性参加者と、男だけの反省会に行って今日の戦果を報告しあうのが非常にオススメです。

 

思わぬ発見やノウハウが手に入りますし、何より男同士のこういう話ほど楽しいものはありませんからね!

 

一人参加のメリットを活かせる街コンに参加しよう!

男性の街コン一人参加は

 

・一番成功率の高い『一人参加の女性』を狙える

・警戒されにくく他の男性よりも有利

・ボッチになると立て直しが難しい

・ボッチにならないための『退路』を用意する

 

以上の点を押さえておけば他の男性を出し抜き、非常に簡単に街コンで大きな戦果をゲットできることでしょう。

 

トップパーティーでは、毎回100名近くが参加する大人数街コンを開催しています。大人数だからこそ一人参加の方も多く、一人参加のメリットを最大限に活かせる街コンです。

 

またBBQやビンゴ大会など、楽しい企画にもこだわっていて、楽しくカジュアルな雰囲気のなかで『楽しい!』を共有できる本当に相性の良い相手との自然な出会いがゲットできます。

 

一人参加のメリットを最大限に活かして、素敵な出会いを見つけて下さいね。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る