【恋バナ】長かった遠距離恋愛が成就!再びラブラブになれた東京デートの話

関西在住の30代女性です。これは7年ほど前の話。
 
当時付き合っていた彼氏がいたのですが、突然地方の事務所から東京の本社への長期出向が命じられ、彼とは遠距離恋愛をすることに。
 
最初は彼と毎日こまめに連絡を取り続けていましたが、彼が仕事で忙しくなるにつれ、連絡が取れる頻度も少なくなりました。
 
「前までは毎日電話できたのに、今は数日に1回LINEが帰ってくるだけ…」
 
彼が本当に忙しいのは知っていましたが、次第に疎遠になっているような気がして、これからも彼との関係が続くかどうか不安になりました。
 
そんな生活が続いたある日の晩。彼から「休みを取ったから会いに来て欲しい」との連絡が。
 
私はベッドから飛び跳ねすぐに東京に向かう準備を始めました。
 
そして久しぶりのデート当日。私は目立つように真っ白のワンピースを纏い東京駅に到着。 
 
彼と合流すると、静かで緑の多い皇居外苑、二重橋、それに日比谷公園へ行こうということになり、丸の内側の外苑からブラブラし始めました。
 
その後は日比谷の一角で軽いお酒を飲みながら食事。少し酔っ払いながら「私たち長続きするのかな」なんて考えていました。
 
すると突然、彼に肩を抱き寄せられ、キスをされたのです。私もチョット緊張しましたが遠路からの疲れとお酒の酔いもあり、快く応じました。
 
それから数秒が経ち「今夜の止まる場所は決まってるの?」と小さな声で彼が一言。
 
「大学時代の友達のアパートよ」というと、彼は「俺と一緒にホテルへ泊まろうよ」と言ってくれました。 
 
一瞬、ハッとしましたが、この時はもう身も心も彼に預けようと言う決心で承諾することに。
 
日比谷公園近くのホテルへ投宿し、彼に素敵な夜の銀座を案内されて、その夜は彼と一緒に甘い夢を見ながら身も心も捧げたのです。 
 
ずっと不安だった遠距離恋愛が成就した瞬間であり、とっても幸せな気分でした。 

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ