【恋バナ】思わずドン引き!ケチすぎる彼との大阪デートの話

関西在住の30代女性です。8年前、京都の彼氏と付き合い始めた頃の話です。
 
私達は大学の同級生で、卒業間際に付き合い始めました。
 
彼は就職して京都市で一人暮らし。私も貝塚市の実家近くで就職しました。
 
デート場所はいつも中間地点の梅田周辺。遊ぶ場所はいくつもあるのですがデート回数を重ねるうちに次第に飽きてきました。
 
「そろそろ違う場所で遊びたいな」そんな事を考えていると彼から「今度は中之島で遊びたい」との嬉しい提案が。
 
中之島といえば自然豊かな景観が印象的な水の都。
 
様々なイベントも開催されているオシャレな場所なのでデートプランは彼に任せることにしました。
 
デート当日。まずは中之島のバラ園でバラを見て回ると、赤からピンク、白、紫や黒など美しい色のバラがあり、結構夢中になりました。
 
その後お昼も近づき、「オシャレなカフェでランチでも食べるのかな」と期待していましたが、周りにはそんなお店は見当たりません。
 
「お昼どうする?」と私が訊ねると、彼は「お弁当作ってきてん」と言いリュックから包みを取り出しました。
 
中身はおにぎり、卵焼き、きんぴらごぼう。
 
「老夫婦みたい…」と驚きましたが、わざわざ私の為に作ってくれたのでそのまま一緒にご飯を食べることに。
 
しかし、彼の倹約っぷりはその後も一貫していました。
 
レトロな中之島図書館を見学したあと、北浜周辺で雑貨店めぐりしたものの何も買わず。
 
あまりのケチさっぷりに、試しにカフェに誘ってみたものの、「クッキーも焼いてきてん」で撃沈。
 
そのまま夕方になり、小学生のようなデートに色気を抜かれて本日は解散。しかも帰りは京都までスポーツバイクで帰るという徹底したケチっぷり…
 
今思うと一人暮らしを始めてお金がなかったんだな、とわかるのですが、その時はただ呆れるばかりでした。
 
京都人のケチは大阪人よりすごい!

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ