【恋バナ】幼馴染の男子に告白!一世一大の告白の瞬間に起こった奇跡。

私が高校に入って間もないころの話です。

 

 

私は、幼馴染みの男の子に告白をしようと考えていました。

 

本当は、気持ちを伝える気はなかったのですが、噂で、違うクラスの女の子が告白したと聞いて、急に負けたくないと思ったんです。

 

失いかけて初めて気付く。そんな感じでしょうか。

 

でも、告白なんて初めての事で、緊張感が毎日のように襲ってきました。

 

「好きです」

 

と言うだけなのに、なぜこんなにも緊張するのかと、自分でも不思議に思いましたが、鼓動の音が耳元で鳴っているように聞こえて、なんて言おうか、何度も迷いました。

 

好きなアニメの事を話したり、ふざけ合う事はあっても、真面目な顔をして告白なんて、想像しただけでも耐えられそうもありませんでした。

 

ですが、いつまでもこのままなら取られてしまうと思い、

 

絶対に今日彼に告白する!

 

そう誓いました。

 

放課後の帰り道、彼とは2人きりでした。

 

経験したことがないくらい早い心臓の鼓動、緊張で乾いた喉、震える指、動かない唇、

 

告白しなきゃ!ということ以外頭の中は真っ白でした。

 

私は会話が途切れた瞬間に、

 

『話があるの。』

 

と言って、彼に思いを伝えます

 

『わたし、す』

 

プップーーーーーー!!

 

彼に好きだと告白をした瞬間、なんと後ろでトラックのクラクションが鳴り響き、私の一世一代の告白はかき消えてしまいました。

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ