【恋バナ】胸キュン確実!21歳不器用な女子大生が勇気を振り絞って、年下彼氏に告白!

私が21歳で学生だった頃、バイト先で知り合った二個下の男の子との恋のお話です。

 

 

彼は大学進学のために他県に住んでいるのですが、夏休みに地元に帰ってきて短期でバイトに入ってきました。

 

最初は軟派な印象だったためにあまり好きではありませんでした。

 

しかし私の友人が彼と彼の友人と仲良くなり、必然的に四人で一緒の時間を過ごすようになりました。

 

軟派なイメージだったのですがよく話をしてみれば、好きなことに一生懸命で知識も豊富。

 

どんどん彼にひかれていきました。

 

 

そんな楽しい時間を過ごしていたのですが、彼が他県へ帰る日が近づいてきていることを知りました。

 

初めて男の人を自分から好きだと思ったのですが、「遠距離恋愛」になることが気になりどうしても勇気が出ませんでした。

 

数日間考えたあげく、

 

「振られても地元いることもあまりないなら傷も浅いはず!」

 

と、今思えばよくわからない思考にたどり着き告白をする決心ができました(笑)

 

 

人生で初めて告白をする私は、頭と時間をフル稼働。

 

入念な下調べの末に完璧な告白プランを練り上げました。

 

一緒にご飯を食べ夜景のきれいなスポットで告白するプランを作り、さっそく彼を誘いました。

 

彼は二つ返事で二人で遊ぶことを了承してくれました。

 

初めて二人で遊ぶので、デートです。

 

浮かれる気持ちを抑え年上のクールなふりをして車を走らせました。

 

 

予定通り夜景のきれいなスポットで話をするのですが、なかなか勇気が出ず告白できません。

 

どうしよう…と焦っていると、夜景をなんでもない表情を見ている彼が私の手をギュッと握ってきました。

 

勇気を振り絞って「好きだから付き合ってほしい」と告白すると、

 

彼は「よく頑張ったね」と満面の笑みで微笑み、

 

そっとキスをしてくれました。

 

「今日は19日、割り切れない日でよかった」

 

と彼は囁き、恥ずかしくて顔を上げられない私は頷きました。

 

初恋は実らないと聞くので徹底的に調べ上げ、少しでも雰囲気のいい場所で勇気を振り絞って本当に良かったと思いました。

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ