【体験談】先輩に考えてもらった方法で告白し、大失敗した話

兵庫県在住の30歳男性です。これは19歳の時にした最も思い出に残っている告白の話です。
 
当時私は同じバイト先のMちゃんのことが好きでした。
 
そしてある日、アルバイト先の先輩に告白のアドバイスを求めたところ、先輩は
 
「要は気持ちが大事だから。俺だったらそうだなぁ…俺たち付き合ってるよな?みたいな感じで攻めるかな!」
 
と言って下さり、当時の私はその言葉でとても勇気が湧きました。
 
そんなある時、Mちゃんと2人きりで車に乗ることに。
 
「チャンスだ!」
 
と思った私は、Mちゃんに告白をしました。
 
「なあMちゃん、俺たちもう付き合ってるよな?」
 
自信満々の私。
 
するとMちゃんは
 
「え!?いや…わからない…どうしたのいきなり」
 
と驚きを隠せない様子でした。
 
想像していた反応と違い、焦った私は
 
「俺、ずっとMちゃんのこと好きでさ」
 
と慌てて伝えると
 
「ありがとう、でもちょっと待って、後でメールするね!」
 
と言われて、Mちゃんはその場を後にしました。
 
「ごめんね。私たちは友達のままのほうがいいと思う。」
 
とメールが来た時、完全に告白が失敗したことをを実感しました。
 
その後の職場での気まずい空気感は今でも忘れません。
 
その結果を先輩に話すと、
 
「お前、本当にそんなこと言ったのか?アホやなぁ〜」
 
と言われました。
 
「自分の言葉でしっかり考えて気持ちを伝えるべきだった」
 
と強く後悔しましたが、今となってはいい思い出です。
 

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ