【体験談】関西弁を封印していた私を、思わず突っ込ませた年下彼氏の話

埼玉県在住の40代の女性です。これは私が大阪から埼玉に引っ越してきたばかりの30代の頃の話です。
 
当時私は、職場を通して知り合った1歳下の男性と仲良くなり、お付き合いをすることになりました。
 
そして、ちょうど付き合って1ヵ月がたったある日。
 
お互いの仕事終わりに合流し、フランス料理を食べに行くことになりました。
 
記念日とあって、私はひそかにおごってくれることを期待していたのです。
 
ところが、その期待は見事に裏切られ、
 
それどころか彼のあまりの器の小ささに怒りさえ覚えることに、、、
 
食事代に関しては割り勘。さらに彼は自分だけ持参したクーポン券を使って安く会計をしたのです!!!
 
それだけではありません。
 
その後、映画館に向かうと当然のように自分だけポイントを使い、私のことは知らん顔
 
もうここまで徹底されると
 
「この人はおごるって言葉を知らないんだ」
 
と思ってしまいますよね。(苦笑)
 
その日は奢ってもらうことを完全にあきらめていた私。
 
そんな中、映画館の帰りにコンビニでジュースを買った時、待望の一言が!!!
 
「あ、おれ払うからいいよ」
 
、、、
 
、、、
 
、、、
 
「いや、おそいわっっ!!」
 
思わず関西弁でツッコミを入れた私でした。

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ