【体験談】絶対告白すると決めていたデートで彼女が超不機嫌!意外なアイデアで大逆転した話

神奈川県在住の30代の男です。これは今から約10年くらい前の話です。
  

ある日、当時イイ感じだった女性と2人でディズニーランドにデートにいくことになりました。
 
当時の私はこの恋を絶対に成就させてやる!という気持ちで、その日の夜にシンデレラ城の前で告白する計画を立てていました。
 
でも私はそこまで器用な人間ではありませんから、ディズニーランド入園からずっと緊張しっぱなし、、、。
 
いつ告白しようか、どんな言葉で言おうか、成功するだろうか、告白の事ばかり考えてしまって全然ディズニーランドを楽しめていませんでした。
 
相手の話も上の空で『本当に私ときて楽しいの?』と言われてしまい、彼女を怒らせてしまいました。
 
更に不運なことに、夕方になるとなんと天気が大雨に。
 
『全然楽しそうじゃないし、どしゃ降りなんて最悪。もう帰ろう!』
 
と告白どころか帰る流れになってしまいました。
 
相手の家まで送る帰りの道中も彼女は機嫌が悪いまま。
 
このまま帰るともう二度とデートなんてしてもらえない!!と彼女の家の数メートル手前で決心し、
 
結局ロマンチックさの欠片もない彼女の家の前の道端で、目一杯の気持ちを込めて全力で告白しました。
 
慌てて勢いで告白したので、舌が回らずカミカミに。
 
彼女に何回も何回も聞き直される超ダサい告白になってしまいました(笑)
 
しかし、その必死さがハマったのかあんなに機嫌が悪かった彼女も大爆笑!
 
なごやかな雰囲気の中、彼女の返事はOKでした。
 
無理して柄にもなくロマンチックにしようとするよりは、等身大の自分で思いをぶつける方が絶対に良いな~と思いました。

  

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ