【体験談】私が『上京してきた大阪男子』が嫌いな理由

神奈川県在住の33歳女性です。これは、私が社会人になったばかりの頃の話。
 
 
当時の私は大学を卒業し、就職を機に大阪で一人暮らしを始めたばかりの、どこにでもいる社会人一年生でした。
 
右も左も分からないまま、ただただ一生懸命、仕事に取り組んでいました。
 
大阪に出てきたばかりで友達もいなかった私の唯一の息抜きは、同僚たちと仕事帰りに飲みにいくことでした。
 
そんな私の同僚の中に、生まれも育ちも大阪の男性が一人。
 
当時の彼は、大阪人といえば何を言っても許されると思っていて、ズケズケとみんなの前で私の仕事のミスなどをイジってきました。
 
私は細かいことを気にしてしまうタイプなので、彼が何気なく発する一言一言が本当に辛かったです。
 
そんな日々が続いたある夜、我慢の限界を迎えた私は「なんでそんなズケズケ話せるの?少しは私の気持ちも考えてよ!」と彼に言ってしまいました。
 

その夜を境に、私が逆に心配してしまうほど、彼は何も言ってこなくなりました。
 
数ヶ月後、「少し話したいことがある」と彼から連絡が…
 
呼ばれた場所に行ってみると、突然「ずっと大切にするから、俺と付き合って欲しい」と告白されました。
 

ストレートに感情ををぶつけられた経験がなかったそうで、あの夜をキッカケに私を意識し始めたそう…
 
ですが、もちろんお断り。散々私を傷つけておいて、謝罪もなしに告白してくる男となんて付き合えないですよね、
 
結局こういうタイプの男性は、大切にするなんて言っておきながらも、「一生、相手の気持ちを考えないんだろうなぁ」って思います(笑)

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ