【体験談】人生初の国際恋愛!アメリカ人の男の子から嬉しすぎる告白をされたバレンタインの話

関東在住の40代女性です。これは私が大学生だった頃の話。
 
私は交換留学生として4月から1年間アメリカに住んでいました。
 
英語を必死に勉強してからアメリカに行ったものの、住み始めた当初はそこまで英語も流暢に喋れず相手の言うことも時々理解できないような状態。
 
そんな時によく助けてくれたのが同じクラスメイトのA君。
 
彼は日本の文化に興味があるらしく私に積極的に話しかけてくれ、困った時はいつでも助けてくれるような存在でした。
 
一年に渡るアメリカ生活も終わりを迎えようとしていたある日のこと。私が住んで居た寮の部屋のドアをたたく音がして目覚めました。
 
こんなに朝早くから誰が来たんだろう?と思いながらパジャマのまま、ドアを開けてみました。
 
すると、手に大きなバラの花束を抱えたA君の姿が。彼は大きな声で「ハッピーバレンタインデー」と言いながら私に花束をプレゼント。
 
私はこの日がバレンタインデーだったことも忘れていましたし、アメリカにバレンタインを祝う文化があることにもびっくり。
 
さらに彼はポケットから小さな箱を取り出し私に渡しました。その場で開けてみると中には小さくて可愛いペンダントが…
 
すると彼は私を見つめ、「自分が大学を卒業して、お金を稼ぐようになったら、もっと大きくてゴージャスなネックレスをプレゼントしたい」と一言。
 
私は嬉しさのあまり赤面するばかりでした。
 
そして同時に彼が私に告白。
 
私はパジャマ姿で寝ぼけた顔をしたままでしたが、もちろん快諾。私達はお付き合いを始めました。
 
あれから20年以上経ちましたが、この日の出来事が人生で一番の告白シーンです。

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ