【体験談】人生初の告白体験談!恋のライバルを打ち破り彼女と両思いになった話

愛知在住の20代男性です。これは私が高校生だった時の話。
 
当時の僕には片思いをしている女の子Bちゃんがいました。
 
Bちゃんは見た目ギャルっぽいのに人見知りで内気な子。私とBちゃんはそこそこ仲も良く、過去に何回か遊んだこともありました。
 
Bちゃんは男子からの評判も良いので恋のライバルも多かったです。
 
ですので「早くBちゃんに告白しなければ!」と焦っていました。
 
アレコレ考えた結果、僕は10月に告白することに。
 
僕の高校では10月に体育祭があり、その夜にクラスで打ち上げをする風潮があったのでその時に告白するのがベストだと思ったのです。
 
ちなみに私のプランはこんな感じ。
 
①だいたい10〜15人ほど集まり、ご飯を食べて解散。
 
そしてBちゃんとは帰り道が同じなので2人きりの帰り道で告白
 
僕は「そこで絶対に告白しよう!」と、その日の打ち上げには、いつも以上に気合を入れて行きました。
 
そして打ち上げの日。クラスのみんなで楽しくご飯を食べた後、打ち上げも終盤に差し掛かり解散ムードが流れます。
 
「よし、そろそろ解散だ!!」そう思ってた矢先です。
 
なんと別の男の子が、Bちゃんに告白をし始めたのです!
 
「ふぅ〜!!付き合え付き合え〜!!」という感性の嵐。
 
この瞬間、僕は終わったと思っていました。
 
しかしそんな空気の中、Bちゃんは、「ごめんなさい!」と一言。
 
一瞬にして周りも静まり返ってしまい、ものすごく気まずい空気になってしまいました。
 
そのまま解散となり、僕はBちゃんと一緒に帰ることに。
 
そして、運命の瞬間は帰りの信号待ちの時間です。
 
「私ね、〇〇のことが好き」
 
なんとなんと、僕が言うはずのセリフをBちゃんから告げられたのです!
 
もちろん、答えはイエス一択。その時初めて、僕はBちゃんに想いを告げることができました。
 
その後、Bちゃんとは数ヶ月で友達の関係に戻ってしまいましたが、今でも仲良くさせてもらっています。

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ