【体験談】綺麗な夜景を前が台無しに…夢だった空中庭園デートで彼がゲ◯をぶちまけちゃった話

大阪在住の20代女性です。これは5年前の大学生だった頃の話。
 
当時の私は無事に大学受験を乗り越え、キャンパスライフを楽しんでいる典型的な大学生。
 
そして、そんな私には成し遂げたい夢が一つありました。
 
それは、在学中にクリスマスの時に彼氏と梅田の空中庭園の展望台でロマンチックなひと時を過ごすというもの。
 
大阪生まれ育った私にとって空中庭園の展望台で異性と2人きりで過ごすのはリア充の象徴そのものでした。
 
大学1年生の10月頃、同じバスケットボールサークルで1つ年上の彼氏と付き合うことに。
 
彼との交際は順調にいき12月に突入。県外出身だった彼も空中庭園に興味があるとのこと。
 
私は自分の夢を実現すべく、クリスマスに彼と空中庭園でデートをすることにしました。
 
デート当日。まずはイルミネーションの装飾や、クリスマスマーケットを楽しむことにしました。
 
しかしここで問題が。クリスマスマーケットで飲み歩きが始まってから、彼が悪酔いをし始めてしまったのです…
 
妙なテンションでヘラヘラ笑ってばかりいる彼と歩く私。
 
少し恥ずかしかったですが、折角のクリスマスなので、少しでもロマンチックな雰囲気を味わいたく空中庭園の展望台へ。
 
すると上の階に移動するにつれて彼はあまり笑わなくなることに気づきました。
 
彼は黙ったまま。彼も緊張してきたのかな…と思いそのまま彼の手を握りどんどん上の階へ。
 
そして頂上に着いたまさにその瞬間。
 
「オロロロォォォォォ」
 
彼はエレベーターの入り口に向かって盛大に嘔吐。彼のゲ◯は私の服にピチャピチャとあたりオシャレに決めてきた服も台無しです。
 
周りのカップルにもドン引きされ、その後は周りの助けを借りながら彼の嘔吐物の処理に追われてデートは終了…
 
憧れだった空中庭園の展望台デートが人生最悪のデートになってしまった恋バナなのでした。

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ