【恋バナ】取引先と飲みに行ったパブでハプニング!フィリピン人の美熟女から告白された話

関西在住の30代男性。仕事で関西に転勤してきた5年前の話。
 
ある日、取引先の年配の方から「仕事の事でも話したい」と言われ飲みに行く事に。
 
1軒目で少し飲んだ後に移動。着いた2軒目はその方の知人がやってるというフィリピンパブでした。
 
パブ自体が初めてだったのでとりあえず着席。すると途中から隣についた女の子が積極的にアピールが…
 
見た目は自分と同じか少し上ぐらいで30歳ぐらいの美人。
 
「そういう店なんだな〜」って思ってると自分の手を取りそのままその子のお尻の下へ。
 
「!?」と私は少しびっくりしましたが、勝手がわからなかったのでそのままに。お尻を触ったまま1時間ほど経過しました。
 
その後は取引先の人が気持ちよく酔っ払ったタイミングでお店を出ることに。さっきまでお尻を触っていた女の子をLINEを交換し解散。
 
すると後日。その女の子から「プライベートで飲みに行こう」とか「良いワイン入ったから家に来ない」というお誘いが何度もきました。
 
始めは「営業メールかな?」と怪しんでいたのですがお店に呼ばれる気配が全くなかったので彼女の家にお邪魔する事に。
 
彼女は手作りと食事とワインを用意し出迎えてくれました。その後はお互いに身の上話をすることに。
 
彼女の話の中で驚いたのが、彼女より子供の方が自分の年に近い事だということ。
 
気になって年齢を聞いてみると、なんと彼女44歳でした。
 
その後、彼女からの猛アプローチが進み片言の日本語で「結婚とかしなくて良いしお金とかも特に要らないから付き合って」と告白されました。
 
国籍や年の差もありましたが当時フリーだったので付き合うことに。
 
15歳以上も年が離れたカップルですが、今も関係は良好です(笑)

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ