【恋バナ】恥ずかしすぎる!片思いの彼から道頓堀の橋の上で公開告白された話

大阪在住の20代女性です。これは私が大学生だった頃の話。
 
当時の私には片思いをしている同じサークルの男の子のA君がいました。
 
彼とはよく遊びに行く仲で、2人きりでUSJや旅行に行くことも多かったです。
 
ですので、周りの友達からすれば「◯◯さんとA君って付き合っているよね」という感じ。
 
ただ、私はまだ彼とキスもしたことがない関係。友達以上恋人未満の関係がしばらく続いていました。
 
でも私の印象ではA君が私に好意を持ってくれているのは間違いなさそう。「いつ告白されるのかな??」と毎日ワクワクしていました。
 
ある日、いつものようにA君とデートをすることになり、道頓堀で晩御飯を食べたり色んなお店をぶらぶら。
 
しばらく時間が経ったころ、大勢の人々で混雑する橋の上で「大事な話があるんだけど」と彼が一言。
 
(え…まさかここで)と思った瞬間、
 
「お前のことめっちゃ好きやねん!俺と付き合って!」と大きな声で彼から告白が。
 
周りの人たちにも聞こえる声です。告白そのものはとても嬉しいんだけど、とにかく恥ずかしい!
 
「う…うん」と小さく頷き、正式にお付き合いすることになりましたが、嬉しさと恥ずかしさと怒りで複雑な心境…
 
その後A君にはしっかりとお説教。気持ちは嬉しいけど相手のことを考えて告白して欲しかったと顔を赤らめながら注意しました。
 
片思いだった彼から恥ずかしすぎる公開告白をされた話でした。

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ