【恋バナ】やってしまった…先輩が狙っている女の子から告白されそのままお付き合いしちゃった話

関西在住の20代男性です。これは私が大学生だった頃の話。
 
当時の私は毎日合コンで遊び続ける典型的な大学生。アルバイト代のほとんどを合コンで消化するような毎日を送っていました。
 
そんなある日、同じ大学に通うバイト先の先輩から「俺もそろそろ彼女が欲しい。合コンをセッティングしてくれないか」とのお願いが。
 
もちろん快諾。知り合いの女の子に連絡をし、後日男女比3対3の合コンを開催することにしました。
 
そして合コン当日。私は先輩のためにひたすら笑いを狙う三枚目に徹することに。
 
場を盛り上げながら、皆が仲良くなれるように順番に話を振り…とにかく彼女なんて作る気は一切ありませんでした。
 
その後先輩と私はタイミングを見計らい合コンの途中でトイレに行き数分間の作戦会議。
 
「先輩。調子はどうっすか?」
 
「めちゃくちゃいい!さっきAちゃんとLINE交換できたよ!」
 
どうやら調子は良さそう。そのまま順調に合コンは進み、時間が程良く経った頃に解散することになりました。
 
すると、偶然にも先ほどのAさんと家が同じ方向だったので一緒に帰ることに。
 
何気ない会話をしながら夜道を2人で歩いていると、「LINEのID教えてよ」とAさんが一言。
 
もちろん私は快諾し、お互いのLINEIDを交換しその日は終わりました。
 
すると後日、Aさんから「この前は楽しかった!今度は2人で遊びたい!」と積極的なお誘いが。
 
先輩には申し訳なかったのですが、せっかくの誘いを断る理由も見つけられず後日デートに行くことに。
 
デート当日。適当に喫茶店をぶらぶらしながら一緒に買い物をし、デートは終了。
 
しかし、その後も彼女から何度もデートに誘われ、2人きりでUSJに行ったりもするように。
 
そして、デートの回数を重ねるごとに彼女に対して恋愛感情を持つようになりました。
 
そして後日。梅田の空中庭園で遊んでいると「◯◯君のことが好き。よかったら私と付き合いくれへん?」とAさんから告白されお付き合いするように。
 
先輩に対する後ろめたさはありますが、今も彼女と充実した生活を送っています。
 
ちなみに、先輩はAさんがお付き合いしている男性が私だということをまだ知りません(笑)

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ