【恋バナ】美人すぎて一目惚れ!友達のお母さんに猛アタックの末付き合えるようになった話

仙台在住の29歳の男性です。これは9年前の話。
 
当時、僕は高校からの同級生であるA君とよく夜遊びをしていました。
 
ある日、A君から「俺の家で遊ぼうぜ!なんなら泊っていけよ!」と言われ、遠慮せずに彼の家に向かうことに。
 
心の中で「そういえば、こいつのお母さんに会ったことないないな」と思いながら向かっていると、あっという間にA君宅に到着。
 
すると、扉が開き「あら〜。いらっしゃい。」と飛び切り美人さんのお姉さんが。
 
一瞬状況がわからなくなりましたが、どうやら彼女はA君の母親らしい。芸能人並みに美人だったので言葉が出ませんでした。
 
A君のお母さんから「あら?顔が赤いわよ?大丈夫ですか?」と言われて、「は、は、はい。」と返すので精一杯…
 
そして、友人とテレビゲームをして終わり、お風呂を頂こうとすると、リビングで友人の母は一人でさみしそうにお酒を飲んでおりました。
 
思い切って「あのぉ・・・お付き合いしますか?」というと、「そうね。お願い!^^」と明るい返事が。2人で深夜に宅飲みすることに。
 
そして、色々とお話をしました。世間話やらバカ話も。社長をやっているらしいので、ビジネスのお話が多かったです。
 
その後、何度もA君の家に泊まりに行くようになり、A君のお母さんと宅飲みする頻度も増えました。
 
宅飲みの回数が増えるにつれて、仕事の悩みなどを話してくれ、僕に対して心を開いてくれるように。
 
A君の家に泊まりに言ったある日、「そろそろ言わないと後悔する気がする」と思い、「僕…おばさんの事好きです。」と告白。
 
彼女は少し戸惑っておりましたが、「ありがとう^^嬉しいわ。おばさんも●君の事、タイプよ。でもダメよ。こんなおばさん…」と言われてしまいました。
 
それでも僕はめげずに何度も彼女に猛アタック。その後色々とあり、付き合うこととなりました!
 
今も交際は順調なのですが、A君に報告するタイミングを見つけられずにいるのが大きな悩みですね(笑)

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ