【恋バナ】『ずっと恋人になりたかったよ。』高校時代の甘酸っぱい告白の話

大阪府在住の30代女性です。高校生の頃の忘れられない思い出の告白のお話です。

 

私は当時仲良くしていた男女混合グループのうちの一人が気になっていて、周囲からも「お似合い!」「付き合えよ」と冷やかされていました。

 

そのたびに私と彼は「ただの友達」とか「親友」と受け流していました。

 

 

ある時、いつものようにみんなで遊んでいると偶然私の幼馴染に出くわし、「隣にいるのは彼氏?」と聞かれました。

 

私が否定しようとすると彼が「そうなりたいと思ってる」と言ってきたのです。

 

今までそんなことを言われたことがなかったので、私も友達もみんな唖然。

 

冗談を言っているのかと思いましたが、

 

真剣な顔で「ずっと前から友達を卒業して恋人になりたいと思ってたよ」と告げられました。

 

友人たちが見ている中で恥ずかしさもありましたが、嬉しくてその場でOKしました。

 

結局2年ほど付き合ってお別れしましたが、今でもみんなの前で堂々と告白してくれた彼の顔はかっこよかったと思っています。

 

一生忘れられない青春の良い思い出です

 

 

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ