【恋バナ】1000人が見守る舞台上で!胸キュン必至のサプライズプロポーズの話

学生時代、私の通っていたダンススクールで起きた、まるでドラマのワンシーンのようなプロポーズのお話です。

 

 

その日はダンスの発表会でした。

 

みんな自分のプログラムを精一杯踊りきり、フィナーレでは、各地域のチームが勢ぞろいして順番に登場し舞台に整列していきます。

 

総勢200人近くのダンサーが舞台に揃い、 そして先生たちが順番に呼ばれ、観客の皆様にお礼をしていきました。

 

会場は1000人の規模ですので、熱気にあふれています。

 

みんなのコールで 一番最後に登場するのはこのスクールの代表の女性の先生です。

 

代表の先生がセンターまで来たら、みんなでワンフレーズ踊り、お客様に手を振りながらご挨拶をして幕が閉じていきます。

 

閉じていく予定でした。

 

しかし幕は閉じていきません。

 

 

照明が消え、舞台の真ん中にはどこからともなく現れた男性の姿が!

 

照明は彼にスポットライトを当てています。

 

そして、代表の先生の名前を呼びました。 いや、マイクもないので叫んでいました。

 

「〇〇先生!」

 

みんながざわついています。

 

生徒たちの中に紛れていた先生が舞台の前に出てくると、 彼は、突如ひざまづき 「〇〇さん」とプライベートでの呼び方をし プロポーズしたのです!

 

生徒たちは言わずもがなざわざわしています。

 

代表の先生も突然のことに戸惑っていましたが 泣きながら「はい」とOKのお返事を返しました。

 

1000人以上が大騒ぎで、 まるで夢でも見ているかのような出来事でした。

 

 

 

関連記事

街コン攻略ガイド

恋愛テクニック集

みんなの恋バナ