TVでも紹介されました

ブログ

街コンに良い出会いはある?他の『出会えるサービス』と徹底的に比較してみた!

 

街コン・相席・マッチングアプリなど世の中には無数に『出会える・恋活サービス』があります。

 

どうせ恋活するなら効率よくやりたい!

 

と思いますよね?

 

今回は4つの『出会えるサービス』の特徴を洗い出し、徹底比較!

 

本当に良い出会いのあるサービスをランキング形式で紹介していきます!!

 

それぞれの特徴を見比べて、ご自身のスペックと目的に最もマッチするサービスを選んで効率よく恋活する為の指針にして下さい!!

 

 

4位:マッチングアプリ

 

近年、最もメジャーな出会い系サービスとなりつつあるマッチングアプリですが、実は恋活としては成功率が最も低いです。

 

長所は短所!マッチングアプリが出会いの鬼門である理由

・インターネットを使うため、他のサービスとは比べ物にならない人数の異性と出会える

 

というのがマッチングアプリ最大の長所ですが、実はそれは最大の短所でもあるんです。

 

自分が多くの人と知り合えるというのは、裏を返せば

 

意中の相手も同様に多くの人と知り合っていて、

 

その100人・1,000人のライバルの中から自分1人を選んでもらわないといけないということです。

 

単純に確率でも望みの相手と結ばれる可能性は1%未満ですね、、、。

 

マッチングアプリでモテるのはどんな人?

ライバルが極端に多い

 

それだけでもマッチングアプリが恋活の鬼門である理由としては十分ですが、

 

さらにマッチングアプリはライバルが多い分、自分のプロフィールやメッセージを見てもらえる時間は極端に短くなります

 

つまりマッチングアプリでモテるのは、

 

・見た目が抜群に良い
・医者、モデルなど肩書きが凄い
・年収が高い

 

そういったプロフィール画面で一瞬で伝わる魅力がある人です。

 

プロフィールの段階で『この人と話したい!』と思ってもらえなければ、

 

どんなに優しくても、話が面白くても、家庭的でも、それを伝えるチャンスが巡ってこないという訳です。

マッチングアプリは出会いにくい!

1,000人のライバルを出し抜く魅力的なステータスがあるなら、マッチングアプリでの恋活は他のどのサービスよりも効率が良くオススメですが、

 

そうでないなら、恋活でマッチングアプリを使うのは避けた方が無難です。

 

3位:スタンディングバー

 

スタンディングバーは立ち飲み形式のバーのことで、店内にいる異性に話しかけて一緒にお酒を飲みながら、話せるというのがスタンディングバーです。

スタンディングバーのメリット

・店内の異性と自由に話せるので、選択肢が多い

 

・入場料が男性2,000円・女性1,000円程度とリーズナブル

 

というのがスタンディングバーのメリットです。

 

やはり良い出会いをゲットするには、それなりの人数の異性と話してみてその中から相性の良かった人を選ぶというのが不可欠ですから、選択肢が多いというのは大きなメリットです。

 

マッチングアプリのように異性の選択肢が多すぎるのは逆に問題ですが、、、。

 

特にスタンディングバーのように移動自由のタイプは、選択肢が多い中からある程度自分が好みの相手を選んで話すことができ、恋活の効率が更にアップするので非常にオススメです。

 

このようにメリットも十分にあるスタンディングバーですが、恋活で利用するには少し使いづらいポイントがあるんです。

スタンディングバーが恋活でNGな理由

バーということもあってスタンディングバーのメインタイムは21時~24時頃なので、全体的に利用者の層が少しチャラい雰囲気があります。

 

・バーの雰囲気を上手に活かして女性に楽しくお酒を飲ませてあげる男性

 

・ノリ良く、あざとく受け答えできる女性

 

こういった方がスタンディングバーではモテますし、素敵に見えてしまいます。

 

すると後日には、『スタンディングバーでは素敵に見えたけど、冷静に考えたら彼氏・彼女にするには少し危なっかしいかも、、、』という事が多々起こります。

 

結局、当日は毎回楽しく飲めるんだけど恋人候補は何回行っても見つからないというのがスタンディングバー恋活あるあるです。

 

スタンディングバーは楽しく飲む・遊びに行くという分には素晴らしいサービスですが、恋活には不向きだと言えます。

 

2位:相席ラウンジ

 

お店にいる男女を相席させて、出会いと話すための空間をお店側が用意してくれるというのが相席ラウンジです。

 

相席ラウンジのメリット

相席ラウンジには以下のメリットがあり、出会えるサービスとしては非常に画期的なシステムです。

 

・お店が強制的に相席にしてくれるので、誰とも話せないという事は絶対に無い

 

・相席相手としか話せないので、じっくり相席した相手と話すことが出来る

 

特に自分から異性の方に話しかけるのが難しい、一人の相手とじっくり話すスタイルが好き、という方には非常に使いやすいシステムです。

それでも相席ラウンジが恋活に不向きな理由

確かに相席ラウンジのシステムは画期的で素晴らしいんですが、1つだけ残念すぎるポイントがあります。

 

女性の食事代が無料・男性が極端に値段が高いという点です。

 

この価格設定のせいで、まず『無料だから行ってるだけ』という女性が多く女性全体の真剣度は低めです。

 

女性の真剣度が低いので、男性も出会い目的の利用者は少なく『相席の時間だけ綺麗な女性と話せれば良い』というようなキャバクラの下位互換的な使い方をしているのが現状です。

 

そもそも男性が真剣に相席ラウンジで恋活をすると、理想の相手を吟味している間に破産してしまいますから、『遊び目的・接待』での利用者が多くなるのは当然です。

 

この料金設定のせいで、相席ラウンジは男女ともに恋活に利用するには少し不便なものとなっています。

 

男性の料金がかなり高く設定されているため、経営者・エリートサラリーマン系などハイステータスな男性が比較的多く、お金持ちパパ狙いの女性にはオススメです。

 

1位:街コン・恋活パーティー

街コン・恋活パーティーは単純に言うと『大人数でやる合コン』です。

 

運営会社が合コンの幹事となって、

 

『100人で合コンやるから参加したい人は集まって~!』

 

という感じで、男女比が同じくらいになるように参加者を集めて、レストランなどを貸し切って街コンを開催します。

街コン・恋活パーティーのメリット

・50~100名が参加し、その方達と自由に話せるので選択肢が多い

 

・イベント中の企画やゲームなど、話かけやすい環境作りが整っている

 

・合コンをやるという前提で集まっているので、参加者はほぼ全員が恋愛モードである

 

このようなメリットがあります。特に3つ目のほぼ全員が恋愛モードであるという点は非常に大切です。

 

例えばこんな経験ありませんか?

 

・相席ラウンジで自分は盛り上げようと必死に話しているのに、相手の女性に素っ気なくうわの空で対応された

 

・スタンディングバーで知り合った男性と、当日はすごく楽しかったし自分に気があるように見えたのに翌日連絡がつかない

 

これは相手が恋愛モードではないことが原因です。

 

恋愛モードじゃないからよっぽど好みの男性でないと話を聞く気すら起きない、恋愛モードじゃないから長期的な関係性を構築する気は無いという訳です。

 

こういう人達に捕まってしまう時間が恋活をする上では非常にもったいないので、ある程度真剣度が担保された街コンでの恋活がオススメです。

街コンは軽い気持ちで行っちゃいけない?

ここまで言うと、

 

あぁ、やっぱり街コンって真剣で本気の恋人探しの人しか行っちゃダメなんだ、、、

 

と思うかもしれませんが、それは少し違います。

 

◎出会い・恋人は欲しいけど、いい人が居たらいいなぁ~くらいの軽い気持ち
×出会い・恋人は必要ない。無料だから、安いから、ノリで来てるだけ

 

恋愛モードかどうか、というのはこのようなイメージです。

 

出会いたい・恋人が欲しいという気持ちが『あるか無いか』が重要なのであって、その気持ちの大きさや切迫度は問題ではありません。

 

実際、街コンの雰囲気というのは堅苦しいものではなく、和気あいあいとした賑やかなムードで進行していくのが一般的です。

 

お見合い・婚活のように堅苦しい雰囲気がなく、かと言ってバーやクラブのようにチャラチャラしていない『ちょうどいい』雰囲気が街コンにはあります。

 

お互いに堅くなりすぎず・カッコつけすぎず、等身大で楽しみながら出会える街コンだからこそ、本当に気が合う長続きする異性に出会いやすいんです!

まとめ

良い恋活サービスに必要な要素は、

 

・恋愛モードの参加者の割合が高い

 

・人数が多く、相手を自由に選べる

 

・相手とじっくり話す時間が取れる

 

・等身大で楽しめる雰囲気

 

でした。そしてそれらを全て満たしているのが街コンでしたね!

 

もうあとは街コンに実際に行ってみるだけです!

 

さあ!レッツ恋活!!

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る